エンジン警告灯の重要性について

  • 2019.10.07
NO IMAGE

車を運転している最中に、エンジン警告灯が点灯してしまうといった経験はないだろうか。
エンジンに不具合が発生した時に、運転手へとそれを知らせてくれる重要なサインである。
エンジン警告灯は、速度やエンジンの回転数を表すメーターの直近に設置されており、黄色に点灯するマークである。

チェックして下さい→エンジン警告灯が点灯する原因

なお、不具合状況に左右されるのだが、エンジンだけに限定されずトランスミッションの故障を警告している場合もあるので注意が必要だろう。。
車のトラブルを示してくれる点灯案件がこの他にもあるのだが、エンジン警告灯は黄色で発光される。
赤色の警告灯ほどエマージェンシー度は高くないが本格的に故障する前にディーラーなどへ車を搬入して迅速に専門的な知識を有した人間に確認をしてもらった方が良いと言えるだろう。
少なくとも、車を走らせるのに非常に重要な要素を担っているエンジン部分の不具合である。
走っている最中などに急に車が停止してしまっては非常に危険である。
事前にエンジントラブルをきちんと運転者へ知らせてくれているのであれば、その恩恵を享受し、いち早く車の修理を実施すべきであろう。
結果的には、それらのメンテナンスをおこなった方が、車も長く乗車できるのでお得であるとも言えるだろう。

カテゴリの最新記事